床下エアコンの家を建てる。パパンがパンの家作り日記

床下エアコンの家を建てる。パパンがパンの家作り日記

既存の農地を、様々なややこしい手続きや申請をクリアーして苦労の末に宅地にして、夢の高性能マイホームを建てはじめたブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち.】
基礎断熱で床下エアコン採用・サステナブル建築等先導事業(省CO2先導型)の補助金対象200万円・HEAT20のG2グレード・高気密・高断熱(BELS☆5つ)・CASBEE評価Sランク・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW330・一種換気システムマーベックス澄家DC-S・太陽光システムPanasonic HIT・外壁&屋根ガルバリウム(ニチハ)

HEMSで見た2018年度分のエネルギー状況

こんにちは、パパンがパンです。
1/10(木)、曇り。
今日は朝の気温がマイナスになりました。
信州や岐阜県では-20℃のところもあったようですね・・・


さて、2018年度(1/1~12/31分)
の1年間のパパンがパンの家のエネルギー状況を
「HEMSモニター」でご紹介したいと思います。
まず、主な住宅設備について、見てみようと思います。
①太陽光パネルでの発電量。 6250.3kWh /年

②買電量。 5791.2kWh /年

③買電金額は、 140374円 /年

④関西電力に売った余剰電力は、4027.2kWh

⑤1kWhの売電単価は¥31なので、総売電額は¥124843.6 /年

⑥そして1年の使用電力は8014.3kWhでした。

⑦また、回路ごとの使用割合。
1番はやっぱり「エコキュート」!
約1/4を占めていました。

⑧そのエコキュートでは、金額にして、¥21644 /年
 電気代の、1533.2kWhの電気を消費しています。

⑨気になっている方も多いかもしれませんが
「床下エアコン」の電気使用は
635.1kWhで、金額にして¥14561 /年
暖房時期以外は送風運転しかしていないので、わかりやすいグラフですね。

⑩一方、主に冷房に使用している「2階廊下エアコン」はというと、
607.8kWhで、金額は¥16052 /年
暖房時期は補助的に使用しているのでこのようなグラフになっています。

我が家の冷暖房はこの2台のエアコンのみで行っているので、
冷暖房にかかる総費用は、約¥30000 /年のみです。
これだけで、
冬は20℃~23℃夏は23℃~26℃の温度を
家中どこにいてもキープしています


今期2度目の冬を過ごしていますが、
湯冷めしない。
家の中で着込まなくてもいい。
朝起きてからすぐに暖かい。(億劫ではない)
結露しない。
洗濯物が家の中でも乾きやすい。


晴れた日に南側のリビングや吹き抜けの窓から日射取得をすれば、
「パッシブ設計」の我が家ではむしろブラインドシャッターを
下ろさないと真冬でも「オーバーヒート」(25°c以上)
してしまうくらいです。


⑪第1種24時間換気システム「澄家DC-S」は、
424.6kWhで、¥10319 /年
初めて使う第1種換気システムの電気代は、
どんなものか初年度に解っておくことも大切ですね。 

こんな感じで、主な住宅設備にかかった2018年度のエネルギー状況でした。


忘れていましたが、
ちなみにこれがパパンがパンの家のスペックです。
(一般的な家庭より、家も人も来客数も食費も多目です。)


床延面積49坪。
6人家族(夫婦+子供4人(男3+女1))。
木造2階5LDK+ロフト2箇所(7.5畳分)。
Ua値0.45、C値0.12。
全熱交換式第1種換気システム「澄家DC-S」使用。
エコキュートは460ℓタイプ。
内基礎断熱+屋根断熱。
オール電化住宅。(関西電力ぱぴeプラン)
ガス代0円。
太陽光パネル4.15kWh乗せています。
冷暖房器具はエアコン2台だけ。
今年の冷房期間は6月半ば~10月初旬。
24時間エアコン運転。
冷房設定温度は24℃~27℃。
今期の暖房開始(床下エアコン)は11/3からです。
暖房設定温度は21℃~22℃。
暖房期間以外は床下エアコンは「送風運転」強モード。


以上、今日はここまで。





関西電力の電気代&HEMSが表示する電気代の誤差の判明

こんにちは、パパンがパンです。
12/6(木)、曇りのち雨。
昨日までの異常な暑さにうって変わり、
今晩から週末にかけて、真冬の天気が戻ってくるそうです。
一気に3~4ヶ月の気候変動が、この1週間で味わえます・・・


さて、昨日疑問に感じた実際の「関西電力」からの
「電気代の請求金額」と、「HEMS」で表示された「電気料金」
の誤差?とは呼べないほどの金額の開き!

5日間多いとは言え、17170+6543=23713円も年間で誤差が出るのは
非常にマズイ結果でした。


そして、理由が判明!
HEMSの初期設定には、
再生可能エネルギー発電促進賦課金が反映されていなかった。
燃料費調整単価が反映されていなかった。
と、いうことです。

  




①の“再生可能エネルギー発電促進賦課金とは
関西電力によると、次のように説明されています。


「再生可能エネルギー発電促進賦課金」(電気料金の一部)とは、
「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」
によって電力の買取りに要した費用を、電気をご使用のお客さまに、
電気のご使用量に応じてご負担いただくものです。”
つまり、太陽光パネルを設置していなくても、
全世帯に課される税金みたいなものです。


これを、パパンがパンの家では年間いくら掛かったのかは、
電気使用量×再エネ賦課金単価2.9円で計算すると
5986.5×2.9=17360円となります。


②の“再生可能エネルギー発電促進賦課金とは
電気料金のコストのうち、
燃料費は経済情勢(為替レートや原油価格等)の影響を大きく受けることから、
電力会社の経営効率化の成果を明確にするため、
燃料費の変動を迅速に電気料金に反映させる制度です。



これは各月ごとに違うので詳細は省いて集計しますと、
1年で、約1300円となりました。


したがって誤差は23713-(①+②)=5053円/370日となりました。
あとは、5日間分の多い日数の違いですのでまあ納得できる範囲かな?


今日はここまで。









1年間の電気使用量と発電量&自家消費量

こんにちは、パパンがパンです。
12/5(水)、晴れ時々曇り。
昨日今日と、2日続けてかなり気温が高い
異様な気候の岸和田市です。


暖房は必要なく、むしろ昼間は窓の外での日射遮蔽をしないと
オーバーヒート状態(25°c以上)になってしまう2日間でした。


さて、関西電力の検針日とは異なり、
1ヶ月単位の各月ごとの電力の使用状況も1年分が出揃いましたので
以前ご紹介したものと合わせて集計してみました。



続きの10月分と11月分はこちら ↓↓

 

以上をもちまして、
2017/12/1~2018/11/30 という期間の
1年分の電力消費状況=全光熱費ができました。
この期間の集計。
電気の総使用料は、 8222.5kWhとなり、
総発電量は、 6290kWhとなりました。



また、電気料金にあたる買電は、1年分で5986.5kWh、119156円となり、
自家消費の電力は、 2236kWh
これを金額にすると、1kWhあたりを25円としたら55900円
仮に、太陽光パネルを載せていない家ならば、年間で
119156+55900=約175000円となり、約14500円/月
電気代=光熱費がかかっていたようです。


しかし、太陽光パネルを載せ、余剰電力は売電としていると
総売電量は、4054.3kWh 金額にすると125699円



年間の電力収支は、125699-119156=6543円のプラスとなりました。


(メ・ん・)?
前回の、「はぴeみる電」で実際に見た

では、370日分とはいえ、年間収支は17170円のマイナスだったのでは?


この誤差はなんなのかは今のところ疑問です・・・
何故だろう???
4日間の停電の影響??
いや、停電なら電気は使っていないから、むしろ逆になる?・・・
「はぴeみる電」の、
2017/11/20~2018/11/26までの370日という期間と、
「スマートHEMS」による
2017/12/1~2018/11/30までの365日という比較期間の違い?
わからない・・・



パパンがパンのいつもブログなどで使わせてもらう
「スマートHEMS」で出たデータと、


関西電力の「ぱぴeみる電」←(実際の費用が確定しているのはこちら)

 

こんなに誤差が大きいと、スマートHEMSの信頼性が落ちてしまうのでは?
Panasonicさん・・・精度をもっと期待します!


誤差の原因究明は必要なので今後のご報告をお待ちください。
また、誰か知っているか、推測できる方はお知らせを。


今日はここまで。


と、おもったのですが、
ふと、電気料金明細書をみると、
気が着いた項目が!
それはまた次回に。

10月と11月の電気料金&電気料金プラン

こんにちは、パパンがパンです。
11/30(金)、晴れ。
久しぶりの更新です。


遅くなりましたが、10月の電気料金と、
最近届いた11月の電気料金の紹介です。


まず、お馴染みのパパンがパンの家のスペックです。
床延面積49坪。
6人家族(夫婦+子供4人(男3+女1))。
木造2階5LDK+ロフト2箇所(7.5畳分)。
Ua値0.45、C値0.12。


全熱交換式第1種換気システム「澄家DC-S」使用。
エコキュートは460ℓタイプ。
内基礎断熱+屋根断熱。
オール電化住宅。(関西電力ぱぴeプラン)
ガス代0円。
太陽光パネル4.15kWh乗せています。


冷暖房器具はエアコン2台だけ。
今年の冷房期間は6月半ば~10月初旬
24時間エアコン運転。
冷房設定温度は24℃~27℃。
今期の暖房開始(床下エアコン)は11/3からです。
暖房設定温度は21℃~22℃。
暖房期間以外は床下エアコンは「送風運転」強モード。


吹き抜け天井にシーリングファンあり。


10月の電気料金。

10月は28日間で¥8569でした、
売電は¥9610で、差し引き¥1041のプラスでした。


また、11月の電気料金。

11月は33日間で、¥10522でした。
売電は¥11191で、差し引き¥669のプラスでした。


本日で、新居に引っ越してきてちょうど1年が経過しました。
旧居に居ていた時に比べ、大きく変わった
快適そのものの温熱環境、経済性の良さでした。


電気関係のデータも1年分できました。
この1年は、1~2月の寒波や
7~8月の記録的な猛暑、9月の台風による4日間の停電。
と、いろいろ天候に極端さがありましたが・・・


電気の使用量と買電金額と1年の合計。

6021kWhの電気使用量で、年間¥143827の買電となりました。
しかし、実は検針日の関係で上記は370日分の記録です



また、太陽光パネルによる余剰電力の売電は、

4087kWhの売電量で、金額は¥126697になりました。
結果、年間の差し引きでは、マイナス¥17130。
(これも過去370日分の記録です。)
まあ大体に考えて実質光熱費は¥1500弱/月の1年でした。


さて、話は変わってこの1年は、電気プランでいう
関西電力「ぱぴeプラン」を使用していましたが、
これは、以下の図のように
平日は3段階の料金体系で、
土日祝は2段階の料金体系になります。

また、基本料金が¥2160と高めです。

そこで、1年のデータも取れたことですし、
「電気料金シミュレーション」を行ってみました。
すると、

「季時別電灯PS」というプランにすると、
年間¥125371の電気料金が、
ー¥9184の¥116187になるという結果でした!


この「季時別電灯PS」というプランは、
7/1から9/30の平日昼間は結構高い電気料金ですが、
それ以外は「はぴeプラン」とほぼ同じくらいで、
違いは基本料金の安さ!
「¥1188」と、毎月千円位違います。
夜間にエコキュート(460ℓ)の消費電力が多く
昼間は太陽光パネルで自家消費が多いパパンがパンの家では、
ピッタリなのかも知れません。


変更してからの毎月ごとの差額も見てわかります。

1月と2月以外は減額出来る試算がでました。
来週にもさっそく関西電力に電話して、
契約変更できるか聞いてみようと思いました。
今日はここまで。








9月の電気料金&売電量&自家消費はどれくらい?

こんにちは、パパンがパンです。
10/11(木)、雨時々曇り。
ここ、岸和田市では、金木犀がそろそろ終わりに近づき、
だんじり祭りも無事終わりました
昨日からの雨で空気が入れ替わり、
めっきり秋らしい気候になりました。


明日からは25°c以上の夏日になる日もなくなりそうです。
ここしばらくは、
冷房に使っていた「2階廊下エアコン」も出番が少なく、
もうそろそろ「床下エアコン」の、「送風運転」⇒「暖房運転」
への切り替えが近くなってきているのかな。
と感じる朝晩の冷え込みです。


さて、9月分の電気料金と、売電の検針結果が来たので紹介します。
まず、お馴染みのパパンがパンの家のスペックです。


床延面積49坪。
6人家族(夫婦+子供4人(男3+女1))。
木造2階5LDK+ロフト2箇所(7.5畳分)。
Ua値0.45、C値0.12。
全熱交換式第1種換気システム「澄家DC-S」使用。
エコキュートは460ℓタイプ。
内基礎断熱+屋根断熱。
オール電化住宅。ガス代0円
太陽光パネル4.15kWh乗せています。
冷暖房器具はエアコン2台だけ。
暖房期間以外は床下エアコンは「送風運転」強モード。
冷房&除湿は、「2階廊下エアコン」1台を稼働。
設定温度は25℃~27℃。
吹き抜け天井にシーリングファンあり。
洗面脱衣室と2階ホールに
DCモーターのサーキュレーターを2台購入。
寝室にDCモーターの扇風機1台購入。
洗面脱衣室に除湿機1台購入。


8/28~9/25の29日間で、¥9530でした。
このうち4日間は停電していました。

また、雨の日が多く、
気象庁の発表では9月の日照時間は記録的な短さでそうで、
売電も¥6727と、かなり少なかったです。


新居に引っ越してきて10ヶ月になりましたが、
温熱環境は快適で、天気にもよりますが、
夏場は23°c~26°c、湿度50%~78%、
冬場は19°c~23°c、湿度40%~65%くらいで、
家の中での1日を通しての温度差は2°c以内です。
また、各部屋間での温度差も2°c以内で推移しています。


ここまでの「HEMS」を使った各月ごとの電気の使用状況
関西電力の検針日とは異なり1ヶ月単位で見ると、

  

  

  

  

  

各月の「買電」、「売電」の金額。
各月の「電気使用量」、「発電量」が分かります。


これから、昼間の太陽光発電での自家消費量も割り出せます。
「発電量」ー「売電」=「電気使用量」ー「買電」=自家消費量
となります。
これで計算して見ると、各月の自家消費量は、
17年/12月⇒143.3 (単位はkWh)
18年/1月⇒171
  /2月⇒188.3
  /3月⇒168.5
  /4月⇒140.5
  /5月⇒171
  /6月⇒207.2
  /7月⇒325.9
  /8月⇒292.8
  /9月⇒145.7
となり、日照時間の短い冬場は自家消費が少ない。
6月頃から日照時間のある昼間に「冷房」を24時間運転しているので、
太陽光パネルからの電力を多く自家消費にあてています。


10ヶ月の総使用量は、5094kWhとなり、
総発電量は、5345kWhという結果でした。
結果的に今のところは、ZEH住宅というより+ZEHにはなっています。


次回は関西電力のサイトで年間シミュレーションをしてみた結果と、
お得な「電力プラン」について書こうと思います。
今日はここまで。